ヘルニアの治療法|安全安心な下肢静脈瘤治療を受けよう|内科受診ですぐ治療
ドクター

安全安心な下肢静脈瘤治療を受けよう|内科受診ですぐ治療

ヘルニアの治療法

聴診器

ヘルニアとはなにか

首や腰が痛いといった理由で病院を受診し、診察してもらうと椎間板ヘルニアと診断されることがあります。首から腰にかけて繋がっている脊椎と呼ばれる骨の間にある軟骨が椎間板と言われています。その椎間板がすり減ってしまい、脊椎の中を通っている神経を圧迫させてしまうことで椎間板ヘルニアがおこるのです。椎間板ヘルニアの主な症状はその部位に痛みや力が入らなくなったり、しびれがでます。そこで椎間板ヘルニアの治療方法はまず薬処方やリハビリで様子をみます。それでも痛みが強い場合には、医師が神経の近く又は神経に直接注射するブロック注射を行います。ブロック注射でも改善しない場合に行うのがレーザー治療になります。レーザー治療は、椎間板の中にレーザーファイバーを刺し、原因となる部分にレーザーをあてることで萎縮、消失させる方法です。この治療は10〜20分レーザーをあてるだけで済むので簡単ですし成功率が高いです。ただ、レーザー治療は保険適用外ですので費用は高いところが注意点です。

治療を行う上でのメリット

椎間板ヘルニアがおこる原因として姿勢の悪さや日常生活での動作や遺伝要因などがあります。その中でも最も多い原因が加齢による老化です。加齢が進むにつれて、クッション機能をする軟骨がどんどん減ってくるのです。そこで、椎間板ヘルニアにならないために大切なことはカルシウムを摂取し骨を弱くさせないことです。また、日常生活の過ごし方も十分気をつける必要があります。レーザー治療のメリットは、針を刺すだけなので他の手術方法に比べて傷あとは残りません。また、病院によっては日帰りで行うこともできますので、手術だからといって準備するものもありません。気軽に治療できるところと高い成功率が患者満足度につながっているのです。