骨にかかるガン|安全安心な下肢静脈瘤治療を受けよう|内科受診ですぐ治療
ドクター

安全安心な下肢静脈瘤治療を受けよう|内科受診ですぐ治療

骨にかかるガン

看護師

骨のガンの特徴など

骨肉腫は、骨にできてしまうがんのことです。若い人がなることが多い病気であり、症状が発生している人の半数が10代になっています。25歳までの人が全体の3分の2になっていて、若い運動期の少年などに多い病気になっています。症状は、初期の場合はほとんど感じることがなく、進行すると、ずきずきとした痛みを感じます。また、関節が曲がりにくくなるなどの症状もあるため、体に違和感を感じた場合には、医師に相談することをおすすめします。骨肉腫は、血液検査で判明する場合もあります。血液検査で、骨を作ることに関連する酵素であるアルカリフォスファターゼ値の上昇がみられるため、定期的に血液検査をすることも早期のさまざまな病気の発見につながります。

骨のガンの治療内容など

骨肉腫は、一般的には異常な部分を切除して治療を行います。切除をする前に、抗がん剤などを用いた化学療法を組み合わせることによって、切断する部分を最小限にすることが可能になっているため、体に合った抗がん剤を分析してもらって治療を進めていくことがよい治療法になっています。骨肉腫は、手や足などを切断することが主流の治療になっていますが、人工骨を埋めたりするような治療法も開発されていて、クオリティーオブライフを追求した治療をしてもらえる可能性も高くなっているため、いろいろな医師に症状を相談していくことがよいとされています。また、全身に転移する可能性もあるため、骨肉腫が見つかった場合には、全身のさまざまな部分の検査もする必要があります。