すぐに内科を受診して|安全安心な下肢静脈瘤治療を受けよう|内科受診ですぐ治療
ドクター

安全安心な下肢静脈瘤治療を受けよう|内科受診ですぐ治療

すぐに内科を受診して

ドクター

項目をチェックしてみよう

脳梗塞の症状はいくつか特徴的なものがあります。これらを知っておけば、いざという時に役立つはずです。まず、よく知られているのは呂律が回らなくなるという症状です。通常、お酒を呑んで呂律が回らなくなることはありますが、しらふで急にこのような状態になることはありません。急に何を言っているのか分からなくなった人が居たら、脳梗塞を疑ってみましょう。続いて、頭が痛くなるという症状が見られることもあります。頭痛は誰でも起こるものです。一般的な頭痛と違って、脳梗塞の場合、殴られたような重い痛みが生じると言われています。特に後頭部に感じられる時には注意が必要です。そして、腕が上がらなくなるという症状も見られます。これら3つが同時に起こった場合には、すぐに内科を受診しましょう。

早期治療が重要

脳梗塞の症状が見られる場合には、早期治療が必要です。すぐに行わないと後遺症が残ってしまうことがあるからです。脳梗塞の症状の後遺症には、半身麻痺が挙げられます。顔が歪んでしまうことが代表的です。片側が動かしづらくなるため、歩行が困難になったり、手が片方、上手に使えなくなったりします。ところが、早期発見による早期治療であれば、これらの後遺症が残ることはありません。元のように普通に過ごせるようになります。だからこそ、日頃から脳梗塞の症状を見逃さないように知っておくことが大切です。周りだけではなく、脳梗塞は自身でも気づくことができます。いつもと違った頭痛や片側の手のしびれなどがある場合には、自分から内科を受診してみましょう。