ナース

安全安心な下肢静脈瘤治療を受けよう|内科受診ですぐ治療

骨にかかるガン

看護師

骨肉腫は、骨のガンであり、10代が最も発症します。血液検査で症状を見つけることが可能になっているため、定期的な検査をしていくことが大切です。骨を切断する治療が主流になっていて、手や足などをすべて切断する可能性もあります。

もっと読む

自覚のない症状

診察室

高脂血症について

高脂血症は脂質異常症とも呼ばれる病気で、高脂血症そのものには基本的に症状などを自覚することはなく健康診断などの血液検査で発覚することがほとんどです。 自覚症状はないですが、放置しておくと動脈硬化を引き起こして心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気のリスクが高くなるのです。 高脂血症の症状が出てしまった場合は内科などで治療を行うことが必要ですが、薬に頼らなくても食生活の改善など生活習慣を改善することで改善することも多いです。 しかし、なかなかそれが難しい場合は薬を飲んだり、サプリメントで対策する場合も多いです。 なので、高脂血症の対策は人によってかかる費用なども大きく異るもので、それぞれの状況に合った方法が選べるのです。

サプリメントで対策

血液検査でコレステロールや中性脂肪の数値が指摘され高脂血症と診断された場合でも、薬には頼りたくないと考える人が多いです。 そういった場合、まずは食生活の改善が必要になるのですが、なかなか難しいものです。 高脂血症の症状を改善させる食事とは、DHA・EPAを含んだ食事が基本です。 DHA・EPAは青魚に豊富に含まれている成分なのですが、日本人の年間摂取量は15年間で約30%も減少するなど摂取が難しい成分です。 なので、サプリメントで足りない分を補うという形で対策する人が多いのです。 日々の食事を出来る範囲で改善させて、それでも足りない分をサプリメントで補うという形で工夫をすれば難しくないですし成功しやすいのです。

早めに治療を受ける

また、今大きな問題となっている下肢静脈瘤は、多くの人が発症するようになり悩みを抱えているものです。保存的治療など、効果的な治療法も多く誕生しているので、足に異常を感じるようになったら早々に病院で診療してもらいましょう。下肢静脈瘤は放置して自然完治することなく、症状が悪化する一方に見舞われます。

すぐに内科を受診して

ドクター

脳梗塞の代表的な症状は頭痛や呂律が回らない、片側の腕の痺れなどが挙げられます。同時に起こった場合には、すぐに内科を受診しましょう。早期治療によって後遺症が残ることなく、元通りの日常生活を送ることができます。

もっと読む

ヘルニアの治療法

聴診器

椎間板ヘルニアは日常生活と老化によって引き起こされるものです。範囲は脊椎が部分の首〜腰までと広く、その範囲でしたらどこでもなりうる可能性があります。椎間板ヘルニアの最終的な治療方法としてレーザー治療があります。

もっと読む